Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッとなって『クーロンズ・ゲート』

 ついカッとなってアマゾンで『クーロンズ・ゲート』のサントラ購入。
 べつにサントラくらいで「つい」も「カッとなって」もないだろ、普通に買えよ、と思われるかもしれませんが、違うのです、このサントラはもうずいぶん前から値の張る中古品しか出回ってしないのです。アマゾンでも、中古のみで、最安値で8499円もしました。たぶん元値は2500円とか2800円とかそんくらいです。た、高いよ8499円!


 じつはこれまでの私は、CDだろうが本だろうがDVDだろうが、元値より高い中古を買ったことはありませんでした。
 元値と同額程度までなら出すが、プレミア価格ならばそのブツとは縁がなかったものとしてあきらめる。それが私のジャスティス。


 それなのに、なんでジャスティスを崩壊させてまで買ってしまったかというと、以下のような流れがあったのです。


 じつは、このサントラのダウンロード販売をしているところがあることを最近になって知り(http://mora.jp/package/80307744/SRCL03780/)、買う気マンマンで行ってみたのですよ。
 やーネットってなんて便利なんだ、品切れのはずのものがデータだけならこうして入手できるなんてハレルヤー、ほほう2100円ですか、CDとほとんど変わらない値段だけど、OK、キニシナイ! …かなんか、浮かれつつ、実際カートに入れてポチっとする寸前、ふと気になってデータ形式を見てみて、びっくり。ATRAC3といういまひとつ私の知らない形式で、専用ソフトがないと再生不可だというのです。そのソフト自体は無料でダウンロードできるのでいいのですが、つまりは普通のMP3形式対応のiPodやPSPやら携帯ではでは聴けないのです。変換もできないらしく、対応している携帯などは種類が限られており、しかもそれへのコピーは3回まで……。もちろんCDにも焼けないので、普通のオーディオで聴くこともできません。
 な、なんというガードのうざさ…。
 そりゃあ簡単にデータをコピーして再配布できないようにという配慮なんだと思いますが、これじゃ基本的にダウンロードしたパソコンだけで聴いとけや、ということになりますよね。
 いいですよ、いいのですよ、そうならそうで。
 でも、そんな不便なデータなら、もうちょっと安く販売してほしい。2100円も払ったら、あと400円くらいでCDが買えちゃいますよ。CDならば好きなデータ形式に変換できるしiPodにでもPSPでも携帯でも入れて持ち運べるし、いいスピーカーのついたオーディオで聴けます。ダウンロードしたパソコンでしか聴けない音楽データをそんな値段で買う気には、私には、なれませんでした。
 でも、今どきはテレビもビデオもオーディオもパソコンでまかなっている人も多いですから、それでもいいのかなあ。



 まあそんなわけで、カートに入れたそのデータは、そのまま放置して、ついカっとなってアマゾンの最安値で8499円のCDをポチっとしてしまったのです。
 いいもん、こっちなら多少高くてもマイPSPで聴けるもん…! 仕事場に持って行って聴けるもん…! お金なんて惜しくないもん!


 嘘です。お金は惜しいです。


 あれですよ、ギョーザを食べたいなーと思って王将とかに行ってみたら休みで、どうしてもギョーザ食う気マンマンになっていた口がガマンできずに、近場の高級中華屋に入ってしまった……みたいな。
 普通だったら、こんな値段じゃ「縁がなかった」と判断して買わなかったはずなのに、手に入る寸前まで行ったために気持ち的に後戻りできなくなってしまったわけです。


 しかし、これもまた、縁ではないかとも思います。

スポンサーサイト

カッとなってAT-X

 先々月、『ギャラクシーエンジェル』2期と3期のまとめ放送につられて、ついカッとなって入ってしまったスカパーのAT-X。GAが終わったらさくっと抜けようと思っていたのに、案の定、そのままズルズルと他の番組も見始めてしまい、抜けられなくなってしまいました…。
 なぜ抜けようと思っていたかというと、月額1500円もするのでつらい、という理由もありますが、なにより、これ以上アニメに生活を支配されるわけにはいかないからです。
 うちは神奈川千葉埼玉テレビなどのU局が一切映らないため、今まで見られないアニメが多く、むしろそのおかげで助かっていたのです。
 でも、もうダメです。AT-Xは、相当数私が地上波でみられないU局アニメを放送しているのです。しかも、1500円もするだけあって、過去の作品も、わりと見たかったようなイイのがどんどん放送されます。全部みてたらすごい数です。すごい数ですよ。2回言う。


 人生の残り時間、何百年必要ですか? 私はあと何百年生きられますか?


 というわけで、現在、激しいドシュラバの中、いろいろアニメを流し見しているところです。
 アニメとドラマは必ず原稿中や踏み台昇降中などの「ながら見」しかしないと決めているので、せっせと原稿しようと思います。まあ、原稿が進んでいいかもしれません…。

今ごろ電王にハマった、俺、参上!

 初回からずっと3ヶ月ぶんくらい溜め込んで未鑑賞だった『仮面ライダー電王』を昨日全部ドバっとまとめて観たら、なんですかこれ、なんですかこのかわいい人たちは。録画保存超決定!
 しかし、あれっ、ブレアード(@セイザーX)がいますよ? 番組間違えたかしら。
 赤いし熱いしバカだしかわいいし、どうみてもブレアードです。まあデザイン的には桃のほうがだんぜんカッコイイですが。
 っていうか、これ中の人も同じなのかな。ダメ絶対音感がないので違っているかもしれませんが、なんか同じように聴こえます。公式ページにキャストが載っていないので確認できません。気になる…。


 話は、モモタロスだのキンタロスだの、日本昔話ベースかと思いきや、どちらかというと西遊記っぽいです。三蔵ポジションの主人公が、ひ弱なのにぽややん笑顔でモモたちのキンタマをぎゅっとつかんでいる(性的な意味でなく)力関係が素晴らしい。
 ライダーシリーズはここ何年も、欝っぽいのや途中から世界観キャラ観崩壊とかばかりだったので、本当になんか素直に、観ていてほっとしました。


 ところで、「毎号クライマックス!」ってあおりの少女漫画があったような気がするんですけど、なんだったか…。

新アニメぼちぼち

 グレンガランだっけグレンラガンだっけ、グランガレンでないことだけは確かなはず……などと、正直タイトルがなぜかなかなか憶えられないのですが、これは今期開始アニメで保存録画決定です。(正しくは『天元突破グレンラガン』でした。ぐぐった)
 絵とか動きとか超キュートだ。初回のクオリティが毎回続くとは思いませんが、デザイン的にかわいいので、超ヤシガニにでもならないかぎりは好きでいられそうです。
 話も初回のつかみは上々でした。
 あと裸に刺青キャラって見た目だけでもう萌えるなー。


 刺青といえば、私はヤクザ系の刺青にはそれほど萌えはないんですけど、女の胸や腕にワンポイントの刺青が入っているのとか、男の全身にどっかの民族っぽい文様が入っているようなのは萌えます。いちばん古い記憶は諸星大二郎のコドワかなー。(@マッドメンシリーズ)
 マッドメンは私的に、諸星漫画唯一の恋愛的萌え要素あり(兄妹ですが)の漫画でした。近親相姦も萌えますね!


 その他の今期はじまりのアニメもぼちぼち観ております。
 今のところ、初回でビビっと来たものはないですが、『キスダム』とか『ヒロイックエイジ』などは面白くなればいいなと様子見中です。『キスダム』は、録画していたものを観るまでは、タイトルのイメージで萌えアニメだと思っていました。なんか思いもよらないものが始まってびっくりだ。
地球へ…』は、面白いとか面白くないとか以前に、なんかやっぱり懐かしいなー。友人がオープニングでのネタバレに驚愕していましたが、やっぱりもう観る人皆あらすじくらいは知っているだろ!という前提だからなのか?



 ところで、レスしようとしてしそびれていたのですが、このところ2名さまほど、同人の以前通ったジャンルのかたから丁寧なコメントをいただいており、とても嬉しかったです。それらのジャンルをもうやることはないですが、いつかまたジャンルがかぶったらいいですね。

真面目に取り組み中

 そうか、私はいままでじつはやおいを描いたことなかったんだ。描いてたと思ってたけど、気のせいだったんだ! 私が描いていたものなんて、ホモちょっといい話、くらいのものだったんだ! 今理解した! ウォーター!!


 …的に思い知らされつつ、真面目にやおい取り組み中です。(あの、でも仕事もしてますから…。とどこへともなく言い訳しつつ)


 それはともかく、コードギアスのこないだの回を思いっきり録画しそこねて傷心しています。わりと本気で楽しみにしていたらしい自分に驚きです。でもどうせ、続きはえらい先らしいので、もういいです。どうせあのブドウはすっぱいんです。間違いない。

四月馬鹿

 WEBの各所で四月馬鹿の嵐が吹き荒れています。


 まあ、私は、言うまでもなく某BLゲーサイト…ってべつに隠す必要もなくニトロプラスキラルのを心待ちにしていたのですが、それは狗のブログのほうで書いているので、ここでは別のところをご紹介。
 と言っても、たぶん私が紹介するまでもないと思うんですが、まだの人はとにかく円谷プロに行ってください。腹がよじれます。


 あー、みんな、こんなしょーもないことに時間と労力を注ぎまくって、愛しいなあ!


 ところで、前回の日記の、驚愕のコードギアスについて「バカではないお間抜けさんを人柄がいいからといつまでも責任ある立場に置いておくと庶民はどういう目に遭うかというのを如何に馬鹿らしく茶番として描くか」という意図があったのだという拍手コメントをいただきました。
 そ、そうなのかー…………
 ……………………
 っていうか、ルルたん人柄よくなくね
 あ、この場合のお間抜けさんというのはルルのことじゃないのか……。


 いやもう、私にはやはりコードギアスは理解できません。
 できないけど、でも、非凡ではあるし、やっぱりすごいんだと思います。バカにしろ天才にしろ、突き抜けるというのはとにかく、尊敬に値します。


 えーと、それから、バッテリ映画はまだ観てません。行けるのか、不安です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。